音楽を最近よく聴く。今までは自分の好きな音楽をひたすら聴いていたのだが 少しずつ好きなものだけから色々手を出して聴いてみてもいいのかな という気分になってきた。もちろん好みは今さら変わるわけではないけど。

でも、知らない音楽を聴いた事により自分の視野が広がるのも確かだ。音楽は映像や言葉よりも空気の様に情報を伝えてくれる。だから自分は歌詞はみずに、全体を空気のように感じる。巨大な扇風機の前に立ってて そこで音楽を風の受け止める感じだ。トレンドや時代の流れ、記憶やクリエイティビティ、それぞれの要素が単純におたまじゃくしの組み合わせとしてではなく 音と情報として体にしみ込んでくる。その意味で音楽は媒体として とても魅力的であり ずるくも感じる。グラフィックにはそれだけの速効性というか爆発的な物はないから。

音楽の行く末

別に音楽が売れない とか CDではなくライブだ とか そういう話は僕にはよくわからない。自分は昔より今の方が買ってるし 確実に音楽との付き合い方は僕は変わってきた。映画に流れるBGMのように音楽は自分たちにスパイスをくれる気がする。インターネットを通じて マイナーとかメジャーとか関係なく自分に音楽が流れ込んでくる。テレビなどに左右される事なく 自分で情報を選んで見つけれる愉しさもある(たいていは操作されて自分に届いてくる情報だけど)音楽は売れなくなっているのは、メディアが頑張らなくなったから爆発的に売れなくなっただけであり、適切な関係で音楽を聴く人と音楽を奏でる人が付き合うようになっている気がする。

最近聴いているうちの一つはTeen Daze。正直、彼がどんな人で何をしてきたのか、ほとんど知らない。。ただ、インターネットの世界でふらっと出会った音楽がすごく心地よくずっと聴いている。そんなのがインターネットっぽくいいのかもしれない。とか、言ってみた。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*

CAPTCHA