デリック・ローズ

デリック・ローズは、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のバスケットボール選手。出身大学はメンフィス大学。2008年のNBAドラフトで出身地のシカゴに本拠地を置くNBAチームのシカゴ・ブルズに全体1位指名で入団。現在はクリーブランド・キャバリアーズに所属している。

credit: wikipedia

当時、低迷するブルズに活力と夢を与えたD-ROSE

2016年にシカゴ滞在時に撮影

Too Big, Too Strong, Too Fast, Too Good!

アナウンサーがD-ROSEを見て、叫んだフレーズだ。日本語で言うと「すごいぞ、ローズ!でかくて、強くて、早くて、良すぎる!」というギャグ?2010-11年シーズンのD-ROSEは、2メートルを超える選手の上から叩きつけるようなダンク。キレキレのクイックネスで間をかき分け、センターを力で対抗し、レイアップをねじ込む姿で見るものを魅了しました。2010-11年シーズンのプレイ映像がまとまっているものがあるので、ぜひご覧ください。

バネのような筋肉を生かしたペネトレイト力

D-ROSEの強みは、突進力にあります。横にドリブルで相手を崩して抜くタイプではなく、前に進む突進力と縦の動きがものすごいです。多い動きは、クロスオーバーの一歩目で勢いよく飛び出し、ペネトレイト。その後、多少態勢を崩しても、レイアップ、もしくは、少し手前で両足でジャンプをしフローターという動きが多いと思います。技術力よりも自分の強みであるフィジカルを全面に生かしたプレースタイルです。

チームを勝利に導く力

D-ROSEは、カリーのようなシュート力があるわけではないし、レブロンのような強さもない。もちろんトップ選手である事には変わらないが、最年少MVPをとるに至ったには数字以上に評価されたものがあるのではないか。実際、2010-11年は、キャリアの中でも25.0pt /Gameを記録し、華々しい成績だが、この年のトップは、デュラントで27.7ptだし、実際個人成績で1位をとったものはない。しかし、驚くべきはチームの勝利数だ。

62勝20敗 .756% (両リーグトップの成績)

2009-10年が、41勝41敗なので、大躍進だ。その原動力となったのが、間違いなくD-ROSEだ。優勝した1997-98年し、翌年マルケル・ジョーダンが2回目の引退以降、低迷していたBULLSに、突如62勝という1997-98年と同じ戦績を残した中心にいたのが、191cmという小柄なシカゴ育ちの青年であり、その青年に皆夢や希望を抱いたのだった。2010-11年は辛くも、イースタンカンファレンス準優勝という成績だったが、D-ROSEは21歳でMVPを獲得したのだ。

ADVERTISEMENT

まじめなシカゴ育ちの青年

NBAではプレイヤー同士、インタビューを通じて罵り合う事もあるが、D-ROSEは、インタビューで多く語る事もないし、怒った口調になる事もめったにない。おばあちゃんに「プー」とあだ名をつけられみんなにも言われるようになった。少しシャイな性格にも感じますが、チーム思いのいいやつなのでは。アディダスと2008年より、アスリート契約をしているのだか、アディダスはローズのこんなエピソードを語っている。

家族思いのヒーロー
2008年、adidasはシカゴ・ブルズに入団したローズとアスリート契約を結んだ。「この契約にはストーリーがあるんです」と中村は語り、こう続けた。 「グローバルの契約担当者が複数の選手に『どのような目標を持っているか?』と聞いたそうです。『MVPを獲れるような選手になりたい』や『チームを優勝に導きたい』と答える選手がいる中で、ローズだけは違っていた。彼は『家族、特に母の生活環境を変えたい』と言ったそうです」

credit: adidas

怪我(pretty bad one)

そんな順風満帆だった(ように見える。実際はローズにしかわからない)D-ROSEについに悪夢が。2011-12年、MVPをとった次のシーズンもブルズは順調に勝ち星を重ねていた。プレーオフの第一回戦の事だ。D-ROSEは、23得点をし、勝利に導こうとしていた。残り1分にドリブルをし、シュートをしたがバランスを崩し、膝を抑え倒れこんでしまった。左膝前十字靭帯断裂—-
その後、ローズが、帰ってくる事はなかった。そして、翌年も怪我でシーズン全て棒に振ってしまった。
戻ってきた後に、adidasが制作したムービーなどをまとめた動画がある。D-ROSEは、シカゴに愛されている。

その後

その後、度重なる怪我もあり、D-ROSEの価値がある契約年最後の年に、BULLSはKnicksにD-ROSEを放出した。生え抜きのバトラーをBULLSの顔にしようとしたが、バトラーも今はTIMBERWOLVESにいる。そんなんで、BULLSは今も低迷をしているが、D-ROSEはBULLSに与えた功績は小さいものではないと思う。自分も彼のプレイに魅了し、歓喜した。

More Derrick Rose

シカゴはいいとこ

シカゴは、今までに2回行ったとこあるけど、とても綺麗でいいところです。もちろん治安の悪いとことも多いと思うけど、気をつければ、いいところだと思います。だた、冬はむちゃくちゃ寒くて耳が取れるくらい風が強いです。電車が、鉄むき出しな感じとか、好きです。

ADVERTISEMENT


よかったらコメント欄にご意見、感想お待ちしています!
Twitterもやっているのでよかったらフォローしてください。
http://twitter.com/takumikadouchi

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*

CAPTCHA