デザインで何かできることはないか

デザインで何かできることはないかと、いつもアンテナを張っている。せっかく日本に生まれたのであれば、日本に住んでいる人、もっと狭くすると良い事をしている人が幸せになってほしい。良い事とは僕にとって胸をうつ事の事だ。単純に、心が踊る事、そういう事のためにデザインを使いたいと思っている。そして、自分のゆかりのある土地に少しでも貢献したいと思っていて、東北も僕にとってはゆかりのある場所だ。妻が東北にゆかりがあるので、もっと東北で仕事がしたいと思っている。その矢先に、上記の動画の様な活動をされている方をネット上で見つけることができた。東北スタンダードというらしい。

みんな模索している。

みんな何か変えたいとか思っている。しかし、「変えたい」のではなく「戻したい」人が多い気がする。戦後からバブルまで駆け上がってきた時代を否定し、昔の良さを取り戻したいと思っている人。ダサい言い方をすると「古き良き」に固執する感じがある。日本ではこれはかなり顕著に感じる。伝統工芸をアーカイブとしての保存なら分かるが、自分たちの保身のための依存を目指している怠慢な伝統がなんと多い事か。伝統は進化してこそ先の伝統になる。時代に合わせて進化したいと思うものこそ、将来の「伝統」となる。東北スタンダードさんには、それを感じるしいろいろな所でその動きが活発化きたら相当面白くなるなと感じている。そんな仕事絶対愉しいでしょ。機会があったら、代表の金入さん(Interview:Colocal)とはお話できたらいいなぁと思っている。

See More ー
—Blog Top : takumikadouchi.com
—Portfolio Website : kadouchi-design.com
—Tumblr : takumikadouchi.tumblr.com
—Twitter : twitter.com/takumikadouchi

—Contact : Click Here

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*

CAPTCHA