人間社会人は色々な価値観を持った人がいると思う。当たり前だ、生活も育ってきた環境も違う、経験も違う。それを一つの箱に括ろうとすることは難しい。多様を認める事。それが社会という物だ。簡単に行ってみたが人はなかなか自分の価値観以外を認めることができない。街にいる人を見て自分と違う価値観や風貌の人を見て良く思わなかったりする。しかし他の人が自分と違うのは当たり前だと言う事。違う事を恐れて人と同じ(の様な)格好をし安心する事さえある。だが、違いを受け入れる事が次へのステップなのではないか。

デザインも同じで、違いを共有して一緒に歩んでいく覚悟が必要

自分もデザインをする上で気をつけているのだが、自分の価値感と頼んでくれる人の価値観が違う事は良くある。そんな時に頼んでくれる人が僕のデザインラフを見て僕の思っている意図と違うように感じダメ出しをした時に、まずは相手の考えを聞いてみる。その上で、最初に打合せした事、一緒にゴールを定めた事、ターゲットの価値観の共有、なるべく他の意見も取り入れて、何がゴールなのか共有する。そこに向けてアプローチした自分のデザインを伝える、よりいいものができるように作ったのだと。しかも頼んでくれた人は敵ではないのだ。一緒にゴールに向かって進む仲間なのである。

多様化を良しとする精神はなかなか育ちづらい物だけど、多様化を認める事が社会をおもしろくする一つのきっかけであると思う。

See More ー
—Blog Top : takumikadouchi.com
—Portfolio Website : kadouchi-design.com
—Tumblr : takumikadouchi.tumblr.com
—Twitter : twitter.com/takumikadouchi

—Contact : Click Here

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*

CAPTCHA